横浜文化R2年2月8日(土)開催

図工の時間(8回目/全9回)

図工の時間チラシ(2020.1~3月分)

横浜ラポールの創作工房では、通年で開催しているアート系の教室が3種類あります。

①アートサロン
②図工の時間
③ものづくり広場

今回は、この中の②図工の時間をご紹介します!
チラシに記載の通り、図工の時間は「主に小学生以上の身体障害のある方」を対象に、様々な作品作りに挑戦する教室です!
年間で全9回(4・8・12月がお休み)開催しております。

今回は図工の時間の2月開催分の様子をご紹介します。

2月の作品テーマは「紙粘土deひな人形」です!

3月のひな祭りに向けて、紙粘土でお内裏様とお雛様を作ります。

初めは雪だるまのような形。

まん丸にする作業がなかなか難しい…!というお声も。

しゃくや冠も付けていきます。

参加者さんによって大きさも様々!

テーマは同じでもオリジナリティが出てきて面白いです♪

形が作れたら色塗りです。

細かい作業ですが、皆さん丁寧に慎重に塗っていきます。

どんなお顔になるのか楽しみ♪

着物部分には和紙や折り紙を貼り付けます。

折り紙にはこんな「和」な模様のものもあり、これらを見るだけでも面白い!と盛り上がっていました。

個性豊かで可愛いお内裏様とお雛様ができあがりました!

教室の最後には各々の作品を発表し合う時間もあります。
『みんなはどんな作品を作ったのかな?』
『そんなアイデアがあったのか!』など、様々な発見をしていただける時間です。
その発見が次の工作のヒントになります。

図工の時間を含めたアート系の3教室は、毎年3~4月に参加者を募集し、1年間を通してご参加いただいております。
定員に余裕があれば、年度の途中からでもご参加いただけますので、ご興味のある方はぜひ横浜ラポール文化事業課までお問合せください。
皆さまのご参加をお待ちしております!