横浜文化R2年2月24日(月)開催

横浜ラポール アートワークショップ

2020年2月24日に、横浜ラポール2階ラポールボックスにて、参加者全員で巨大アート作品を作るワークショップを開催しました!
パラリンピックカラーである赤・青・緑を使い、3チームに分かれて制作。
チーム毎にキャッチフレーズを決めて、作品の中に入れます。

 

キャッチフレーズにもパラリンピック要素を取り入れ、インパクトのある言葉が生まれました!

キャッチフレーズが決まった後は、色塗りスタート!赤は赤でも色んな赤、色んな青、色んな緑があり、皆さん思い思いに塗っていきます。

自分の体も色塗りの道具!

 

手や足、おしり…普段はできないパワフルな色塗りが体験できて皆さん大興奮です!

色塗りの後は自分の好きな絵を自由に描く時間。
マル、シカク、サンカク、ハート、お花、人間、動物、電車・・・巨大キャンパスが更に華やかになります。
絵が下手でも小さくても薄くても何でもOK!
一つ一つの絵が巨大アートを作り出す大切な要素。

 

そして完成した作品がこちら

キャッチフレーズの描き方、濃淡、イラスト・・・それぞれに個性があってとても力強く色鮮やかな作品に仕上がりました!
参加者の皆さんの達成感もひとしおでした。
親子で参加してくださったあるお母さんからは、『どんなに服が汚れても、どんな色の塗り方をしても、何をしても良いよという環境にしてくれたからこそ、子どもがここまで夢中になれた。
とても面白かった!』というお言葉をいただきました。

今後も横浜ラポールでは、日常ではなかなか体験できない楽しいイベントや教室をどんどん企画していきます!
次はどんなイベントで皆さまとお会いできるでしょうか♪楽しみにお待ちください♪

 

*今回のアートワークショップは、講師に中津川浩章さん(美術家/アートディレクター)、水野浩世さん(YELLOW/ビッグ・アイあーと工房みずのみば)、上田哲郎さん(アートスペース亜蛮人)をお迎えして開催しました。

ありがとうございました!