上大岡文化R2年10月5日(月)開催

フュージングでフォトフレームを作ろう

フュージングとは、電気炉でガラスを溶かしてオリジナルの小物等を作るガラス工芸のことを言います。

ラポール上大岡では、様々な色・形のガラスを予め溶かしてご用意しております。今回のプログラムではそのガラスを使ってフォトフレームを作りました!残念ながら、当日のキャンセルもあり、この日は2組のご参加でした。

まずはガラスについてのお勉強からスタート!講師からガラスの性質や溶け方などを教わります。ガラスについてより一層興味を持っていただいてからフォトフレーム作りに入ります♪

ガラスは様々な大きさ・形から30個選んでいきます。グラデーションになっていたり、複数色入っていたり、単色でも透明感の有無で全く雰囲気が異なっていたり…同じガラスはありません!

実際にフレームに貼り付けていく前に、紙の上でガラスの並べ方や向きなどをイメージしてみます。

そして出来上がった作品がこちら

↓↓↓↓↓↓

青系と赤系の個性豊かなフォトフレームが出来上がりました!

※接着剤は時間が経つと白から透明に変わります。

完成した作品は創作エリア内にあるミニ撮影コーナーで自由に撮影していただけます!お好みの背景ボードを使って、ぜひ映え写真を撮ってみてください♪

次回のフュージング(ガラス工芸)プログラムは、12月20日(日)の予定です!何を作るかはお楽しみ♪ホームページの「イベント案内」からぜひチェックしてみてください!