横浜文化R2年11月8日(日)開催

ラポール芸術市場

 今年度の芸術市場は新型コロナウィルス感染症拡大防止対策を出演者の皆様も一緒になって考えて協力していただきました。三密を避けるために観客席数を半分にしたり、ステージの上でも下でもソーシャルディスタンスや飛沫の拡散防止を行いながらの開催となりました。

・11/8(日)OTO2020 開催レポートへ

・11/21(土)オータムフェスタ 開催レポートへ

・11/29(日)ドリーマーズステージ 開催レポートへ

・12/5(土)ハートフルコンサート 開催レポートへ

・12/19(土)クリスマスステージ2020 開催レポートへ

11/8(日)OTO2020

第1部 藍  山未来 (あい さみき)

第2部 橋爪 遼星 (はしづめ りょうせい)

プロフィール 

 小学校4年生の春に、最初は指一本で「ド」を弾く事から始めたピアノも、今年で13年になります。昨年12月、ニューヨークで開催された国際障害者ピアノコンクールに出場し、発達障害部門の「銅賞」をいただきました。毎日欠かさず練習しながら、新曲のバリエーションを増やす事と表現力をつける事を目的としています。

(演奏曲目)

・赤とんぼ     作曲:山田耕筰
・枯れ葉      作曲:ジョセフコマス
・言葉にできない  作曲:小田和正
・糸        作曲:中島みゆき
・ノクターン(遺作)作曲:ショパン
・ピアノマン    作曲:ビリー・ジョエル

第3部 愛を伝えよう~クローバーリング

プロフィール 

月に1~2回程度の練習により、1年かけて、新しい振付を覚えるというかたちでジャズダンスを楽しんでいます。今年はコロナの影響で練習がずっとお休みになり、メンバーは踊りたい気持ちが高まっています。コロナに負けない力強いパワーを皆さんにお見せできたら嬉しく思います。今回もボランティア公演の仲間と一緒に参加させていただきます。

(演奏曲目)

・I`m a Rocker  /  Jimmy Powell
・Alf Leyla Wa Leyla (アルフレイラワレイラ)
・やってみよう /   WANIMA
・STORM      
・「四季」より「冬」   /   ヴィヴァルディ
・Jolie Jacqueline  /   Soeur-Agio

🎹OTO2020 開催レポート🎹

 2020年横浜ラポール芸術市場【舞台の部】はOTO2020から始まりました。
第一部は初出場の藍 山未来(あい さみき)さんのピアノ独奏。
藍山未来さんが作曲された「四季」をしっとりと聞かせてくれました。
春夏秋冬を連想させるような曲の展開で会場を穏やかな空気で包みこみました。

続いて第二部はラポール芸術市場の常連で、12月9日に横浜市役所で開催される障害者週間啓発イベントのミニコンサートにも出演していただく橋爪 遼星さんのピアノ独奏です。
 みんなが知っている名曲が橋爪 遼星さんのアレンジと演奏によってより壮大な世界観になりました。中でも「言葉にできない」や「糸」などは圧巻の演奏で感動したお客様も多かったのではないでしょうか。

 続いて第三部は、愛を伝えよう~クローバーリングの皆様によるジャズダンス、ベリーダンス。アップテンポなジャズダンスのナンバーからしっとりとした素敵な衣装を身にまとった大人の雰囲気のベリーダンス、ジャンルを超えてフィナーレでも全員一緒に登場して会場を盛り上げてくれました。


11/21(土)オータムフェスタ

第1部 キラキラクラブ 男声ボーカル

プロフィール 

歌うことが大好きな20代~30代の個性派ボーカルユニット。
芸術市場は12回目の参加です。回を重ねるごとに成長し、力を合わせたグループ歌唱、各自が選び抜いたソロ曲から成るステージをお楽しみください。

(演奏曲目)
・いのちの歌 
・Love So Sweet
・高速戦隊ターボレンジャー 
・カントリーロード
・ドラえもん
・そばにいさせて
・夜空をあおいで
・感謝カンゲキ雨嵐

第2部 吟詠 横浜詩歌吟詠福祉同好会

プロフィール 

H27年4月西区社協(フクシア)で立ち上げた「福祉吟詠教室」(愛称:ウグイスぎんえい)をH28年4月ラポールに拡大した。(講師は公益社団法人日本吟道学院より「師範」免許を受けた指方順一郎、広報・会計担当 柳田泰郎)。
会員約10名でラポール等で月3~4回。練習会費は参加の都度100円。
発生訓練「北原白秋五十音」及び童謡「赤とんぼ、ふるさと」等と吟詠の組み合わせで自分のできる範囲で楽しく行う。

(演奏曲目)
・プロローグ
・「変形アイウエオ」
・「五十音」北原白秋
・唱歌「富士山」
・唱歌「赤トンボ」
・唱歌「故郷」
・その他

第3部 和太鼓 荒武者と仲間たち

プロフィール 

・太鼓集団「荒武者」…2020年で創立30周年を迎えコンサートを考え中です。
・チームかるがも…コロナの為に練習ができませんでした。
仲間たちに会えないこと、そして何よりも太鼓を叩けなかったことが残念でした。今日は、太鼓を叩ける喜びを思いっきりぶつけたいと思います。
・鎌倉なみっ鼓…月1回の練習ですが、一生懸命練習を積み重ねてきました。今年はなかなか練習できませんでしたが太鼓大好き!な気持ちは変わりません。太鼓を叩けることに感謝しながら、なみっ鼓らしく元気よく楽しんで演奏したいと思います。

(演奏曲目)
・にぎわい江戸楽
・寄席太鼓
・夏まつり
・コロッケパン
・太鼓ばやし      
・海のおはやし
・雀踊り

🍄オータムフェスタ 開催レポート🍄

2020年横浜ラポール芸術市場舞台オータムフェスタが11月21日(土)に開催されました。出演はキラキラクラブ(男性ボーカル)、横浜詩歌吟詠福祉同好会(詩吟)、荒武者と仲間たち(和太鼓)です。

 トップバッターは六人組の男性ボーカルグループのキラキラクラブです。
ステージ袖でスタンバイしている時から緊張している仲間を鼓舞しながら盛り上げているメンバーの姿が印象的でした。
ステージでも全員で歌うナンバーからそれぞれのソロナンバーまで選曲も幅広く、アイドルから戦隊もの、懐かしの昭和歌謡などそれぞれの個性に合わせて様々です。

キラキラクラブの皆さん

 二番目に登場したのは横浜詩歌吟詠福祉同好会の皆様です。今年度は女性のメンバーも参加して下さりました。黒のタキシードの素敵な衣装で色々な詩を吟じていただきました。

横浜詩歌福祉吟詠同好会の皆さん

三番目は荒武者と仲間たちの和太鼓の演奏です。「新型コロナウィルスの影響でなかなか練習をすることができなかった」とMCではお話をしていましたが、そんな影響を感じさせることのない元気いっぱいのステージでした。力いっぱい和太鼓を叩く姿にパワーをもらったお客様も多かったのではないでしょうか。

荒武者と仲間たちの皆さん

11/29(土)ドリーマーズステージ

第1部 器楽演奏 ドルチェ

ダウン症の子どもと家族が音楽を楽しむために立ち上げたグループです。
皆、音楽が大好きで毎月1回、仲間と一緒に楽しく活動しています。

(演奏曲目)
・どんな色がすき
・エル・クンバンチェロ
・小舟にて
・双頭の鷲の旗の下で

第2部 ダンス JUMP

JUMPは発達に遅れのある子ども達が自分らしく楽しく活動を行っている団体です。
主にダンスや体操など体を動かしながら仲間との絆を深めたり社会性の成長を伸ばしていけるよう取り組んでいます。
また同じような悩みを持つ親の交流の場としても大切な役割を持っています。

(演目)

・Happiness / 嵐
・HACK / Shuta Sueyoshi
・パプリカ / Foorin
・Inspire / DJ Vodka

第3部 ダンス D-Dance.KANAZAWA

私たちは障害のある人もない人も子供から大人までみんなで一緒に活動しています。
今年十周年!!みんなで練習できる楽しさ、ダンス大好き♡を一同確認しています。
今日も客席に笑顔と元気を届けたいです。

(演目)
・EVERYBODY DANCE NOW / C+C Music Factory
・POP STAR /平井 堅
・Time /宇多田ヒカル ・HOPE & DREAMS / MISIA 

第4部 和太鼓 神之木太鼓

会えない時間がさらに仲間の心をひとつにしました。
他を思いやる心。周りへの感謝の心。
たくさんのことを学んで今年も頑張ります。

(演奏曲目)
・オープニング
・二番太鼓
・三番太鼓
・屋台打ち
・みこし太鼓
・神之木ソーラン(おどり)

💃ドリーマーズステージ開催レポート💃

11月29日(日)芸術市場ドリーマーズステージが開催されました。
第一部の出演者はドルチェの皆様です。

ドルチェの楽器演奏

ドルチェの皆様はリハーサルの際は緊張している様子もありましたが、本番が始まると元気いっぱい素敵な楽器演奏を聴かせてくれました。

続いて二番目に登場したのはJUMPです。

元気に楽しそうに踊るJUMPの子ども達

JUMPの皆様はリハーサルの時から楽しそうに踊る姿がとても印象的でした。先生に名前を呼ばれると返事をして自己紹介をそれぞれが見せてくれました。ターンやダンスをしてくれる子もいました。先生と一緒にみんな笑顔で一生懸命ダンスをする姿は本当に魅力的で観ているお客様も笑顔になっていたと思います。

D.dance-KANAZAWA

三番目に登場したのはD.dance-KANAZAWAの皆様です。先生も生徒も煌びやかな衣装と照明で素敵な演出を見せてくれました。

D.dance-KANAZAWA

最後の4番目は神之木太鼓の和太鼓です。

神之木太鼓のみなさん

コロナ禍の中でマスクをしながらの和太鼓の演奏でした。普段とは異なる環境の中でも力強くリズムに合わせて一生懸命太鼓を叩きました。
また、ソーラン節でもソーシャルディスタンスを保ちながらキレのある踊りを見せてくれました。客席からの飛び入り参加もありましたが、距離を保ちながら踊り切ることができました。


12/5(土)ハートフルコンサート


第1部  頭金芳樹

(演奏曲目)
・ピアノ 前奏曲15番「雨だれ」 / ショパン
・ピアノ連弾「彼こそが海賊」パイレーツオブカリビアン/ クラウス・バデルト
・ピアノ連弾 交響曲第九「歓喜の歌」 / ベートーベン

平日は近くの作業所で仕事をしています。今年はステイホーム期間が長く、大好きな電車での外出も難しくなりましたが、ピアノはリモートレッスンで続けることができました。時々、画面から消えてしまう息子にやさしく指導を続けてくださる先生に感謝しています。

第2部  藤原直美

(演奏曲目)
・ピアノ「別れの曲」
・ピアノ「翼をください」

今年は色々な事があります。
皆んなで元気になれるように皆様のも聞いたり聞かしたりしたいです。

第3部  藤井裕也

(演奏曲目)バレエ組曲くるみ割り人形より 「マリンバ」
・行進曲
・金平糖の精の踊り
・ロシアの踊り トレパーク

子供の時から聴いてきた「くるみ割り人形」を初めてやるので、緊張しますが一生懸命頑張りますので、宜しくお願い致します。

第4部  新沼仁望

(演奏曲目)
・ピアノ 「アヴェ・ヴェルム・コルプス」作曲 モーツァルト
・声楽「彼方の光」作詞 ロバートプライズマン 作曲 村松崇継
・声楽「ぜんぶ」詩 さくらももこ 作曲 相澤直人
・マリンバ 歌劇セビリアの理髪師より序曲  作曲 ロッシーニ

初音ミクと音楽が大好きな25才、作業所に通いながらレッスンを続けています。今年はいつものことがいつものように出来なくなる日々が続きました。
そんな中でも音楽は変らず存在し、本人の心の支えになっています。

第5部  大家愛弓

(演奏曲目)
・ピアノ独奏「いのちの名前」 / 作曲:久石譲
・ピアノ弾き語り「いのちの歌」/ 作曲:村松崇継 作詞:Miyabi
・マリンバ演奏「チャルダシュ」/ 作曲:Monti

今回はピアノもマリンバも弾き語りもとても難しい曲に挑戦しました。
途中挫けそうになりましたが、どれも素敵な曲なので諦めたくなくて頑張って練習を重ねました。
コロナ感染予防自粛期間は特に毎日午前と午後の2回練習に励んでいました。
その頑張りを皆さんに聴いていただけると嬉しいです。 今回も皆さまに愛弓のハートが届きます様に。

第6部  大高康明

(演奏曲目)
・ピアノ「イタリア協奏曲3楽章」 / バッハ
・マリンバ 四季「冬」/ ビバルディ

第7部  渡辺裕樹

(演奏曲目)
・キーボード「感謝カンゲキ雨嵐」
・マリンバ「日本の歌メドレー」赤とんぼ、八木節、いぬのおまわりさん

毎年、ハートフルコンサートを楽しみにレッスンを続けています。
コロナ禍の中で、開催して頂きありがとうございます。
今年もがんばりますので、よろしくお願いいたします。

🎶ハートフルコンサート開催レポート🎶

12月5日(土)横浜ラポールでもファンの多い芸術市場のハートフルコンサート。今回も7名が出演してくれました。

12月の芸術市場はクリスマスのデコレーションもあり雪だるまのサンタさんがお迎えをしてくれます。

第一部は頭金芳樹さんのピアノ演奏です。

しっとりとショパンの演奏から始まり、パイレーツカリビアンの連弾では勇敢に最後のベートーベンの歓喜の歌では壮大なピアノを聴かせてくれました。

続いては藤原直美さん、別れの曲、翼をくださいを丁寧に優しくピアノで聴かせてくれました。

続いて藤井裕也さん、バレエ組曲くるみ割り人形より行進曲、金平糖の精の踊り、ロシアの踊りトレパークを演奏してくれました。マリンバの音色がリズミカルに会場に響き渡りました。

続いて新沼仁望さんは、ピアノ、声楽、マリンバと色々な演奏を聴かせてくれました。出演前は緊張している姿も舞台袖では見られましたが、ステージに立つと落ち着いてしっとりと表現している姿には本当に驚かされました。

五番目に登場したのは大家愛弓さんです。
いつも元気でニコニコ挨拶してくれる大家さん。ステージ上でもピアノ、ピアノ弾き語り、マリンバとお客様も元気になるような演奏を聴かせてくれました。本当にあたたかい空気にステージが包まれます。

続いて大高康明さんのピアノ、マリンバ演奏です。ビバルディの四季は正確でリズミカルな演奏で春夏秋冬が表現されます。

最後に登場したのは渡辺裕樹さんです。キーボードでは「感謝カンゲキ雨嵐」で盛り上げ、マリンバでも赤とんぼや犬のおまわりさんなどおなじみの曲を素敵なアレンジで聴かせてくれました。

12/19(土)クリスマスステージ2020

第一部 無礼面

【演奏曲目】
・オープニング~IRIGUCHI
・色の見えない世界
・捧げる~風に乗せて~
・KIOKU(キオク)
・夏が終わってくれなくて
・笑って~エンディング

2020年。無礼面は10周年を迎えました!
10月に千葉で今年最初のライブ、そして12月のここ横浜ラポールが最後のステージとなります。貴重な貴重な2回の機会をいただきました。こんな情勢の中、あらゆる対策を取って場を準備してくださった関係者の皆様に深く感謝しています。会場に足を運んでくださっている方々、応援してくださっている方々、本当にありがとうございます。
今日は、ツネ蔵・おのびん・ショーヘイ・きんぞう・Emilie・カミーヤ・ライの7人のメンバーで思いっきり演奏させていただきます。一緒に楽しんでください。

無礼面SNS

Twitter
Instagram
Youtube
Note

第二部 美奈和会

今回もいろいろなダンスを通じて仲間作りをやってきました。
指導者の仲間作り、本人達、父母達の仲間作りを皆で力をあわせ、ダンスとは?楽しい~!という事に挑戦します。

【演目】

・負けないで
・MDC
・LOVE
・Timber
・ワークショップ
・Made for Now~
・Story
・エエ~じゃないか
・Dynamite

🎄クリスマスステージ2020開催レポート🎄

令和2年度芸術市場、最後のステージが12月19日(土)に開催されました。
ラポールシアターもクリスマスらしくかわいらしいデコレーションになりました。

第一部に登場していただいたのはアコースティックバンドの無礼面です。7人の息の合ったステージと温かい演奏に観ているお客様の心も温まったのではないでしょうか。

コール&レスポンスはコロナ禍の中では大きな声ではできませんが、お客様とコミュニケーションを図りながらのステージングがとても素敵でした。照明と音がマッチして大人な雰囲気のある曲から、ノリの良い、ついつい体が動いてしまいそうなグルーヴィーな曲まで幅広い選曲で盛り上げてくれました。

続いて二番手に登場してくれたのは、美奈和会です。

美奈和会は、コロナ禍の開催にも負けずに開催した今年度の芸術市場を象徴するような力強いダンスで魅せてくれました。

美奈和会の特徴はメリハリのあるステージングです。同じ出演者がいるとは思えない早着替えで、衣装でも驚かせてくれます。

ワークショップもコロナ禍の開催ならではのいつもとは違う見せ方を考えてくれました。手洗い動画でおなじみのWash Your Handsで会場を一つにしてくれました