横浜R3年1月28日(木)

【特集】健康相談コーナー便り Vol.5

 寒さが厳しい毎日ですね。暖房の入った室内と外との寒暖差も大きくなってきました。
 

 今回は、急激な温度変化によって血圧が大きく変動して起きる健康被害「ヒートショック」についてお話しします。

 この健康被害には、脳卒中や心筋梗塞などがあります。脳卒中により片まひなどの障害がある方は再発防止のために、そうでない方もヒートショックを起こさないように注意していきましょう。

ヒートショックの予防のために以下を心がけましょう

  • 起床時や、寒い廊下・部屋に移動する時は、防寒になる物を羽織る。
  • 入浴前に脱衣所や浴室を暖める。トイレも暖かくする工夫(温かみのある便座カバーやスリッパ、暖房器具など)を。
  • 湯温は41度以下、湯に浸かる時間は10分までを目安に。
  • 浴槽からはゆっくり立ち上がる。
  • 食後すぐや飲酒は血圧が下がりやすくなるため、入浴は食後1時間以内を避け、アルコールが抜けてからにする。
  • 入浴する前に同居者に一声掛け、同居者は、時々入浴者の様子を確認する。

※精神安定剤、睡眠薬などを服用の方は、入浴時間帯を主治医に確認しておきましょう。
※新型コロナウイルス感染防止のために、冷気が体に当たらない工夫などをした上で、適宜換気もしましょう。

●健康相談コーナーからのお知らせ(動画)
「血圧に注意」 ~寒暖対応~